[PR]

 俳優の故・三船敏郎さんが米ハリウッドの殿堂「ウォーク・オブ・フェーム」(名声の歩道)入りする記念式典が14日、ロサンゼルスで開かれ、三船さんの名前入りの星形プレートが披露された。三船さんは、黒澤明監督の「七人の侍」などで、世界的に有名になった。

 地元メディアによると、殿堂入りは2594番目。日本関係者は、米国で活躍した俳優の早川雪洲さん、マコ岩松さんのほか、怪獣ゴジラが選ばれている。今回の式典には、三船さんの親族らが出席した。

 三船さんは1997年に77歳でなくなるまで、「用心棒」「赤ひげ」「羅生門」など生涯で150本以上の映画に出演。国際的スターとなり、「世界で最も知られた日本人俳優」と評価された。(平山亜理

こんなニュースも