[PR]

 「ウィリアム王子は手紙を喜び、あなたの町に興味を持ちました」――。岐阜市の県立岐阜高校ESS・ディベート部に、イギリス王室からそんな手紙が届いた。同部の三嶋崇之さん(1年)が送った岐阜の伝統漁、鵜飼(うか)いを紹介する手紙への返事だった。

 部員たちは今夏、同市の「長良川鵜飼」で外国人観光客に鵜飼いを説明するボランティアを務めた。鵜飼いを観覧し、歴史や魅力を知った生徒たちは、国内外の有名人にも見に来てほしいと考え、俳優や歌手、政治家ら約30人に手紙を送付。ボランティア中の写真や、手作りの鵜飼いの紹介文に絵もつけ、伝統文化をアピールした。

 政治やイギリスの文化に興味を持った三嶋さんは8月、次期米国大統領に決まったトランプ氏とクリントン前国務長官、「かっこよくてあこがれ」というウィリアム王子に英文の手紙を送付。活動内容を紹介し、観覧を呼びかけた。

 10月になり、同校にウィリアム王子の代理人の直筆サインが入った返信が届いた。王子が三嶋さんの手紙に心を動かされ、岐阜について興味を持ったという内容が記されていたという。

 三嶋さんは「王子にたくさん届く手紙のうちの一通だから、返事が届くとは思っていなかった」と感激。ボランティアを通じ、文化や母国語が違う外国人観光客に「心が通じ合うとうれしい」と喜びを感じた三嶋さんは、王子が岐阜を訪れてくれる日を夢見ている。(吉川真布)