[PR]

 福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)が、いじめを受けて不登校になった問題で、横浜市教委の岡田優子教育長も会見を開いた。「1カ月以上不登校が続き、金品の問題が出た。小5の6月時点で重大事態とすべきだった」と話し、学校側の対応の遅れを認めた。男子生徒に対しては「申し訳ないことをした。子どもの成長のサポートを全力でやっていきたい」と話した。

 第三者委の報告書によると、男子生徒は小学3年の6~10月に不登校になり、登校再開後もいじめがあった。多額の金品のやりとりがあった小学5年の5月末から再び不登校になった。

 保護者は学校に相談。学校は金品のやりとりについて、他の児童の保護者からの情報で把握したが、黒沢弁護士によると、学校が加害児童らに事情を聴いたところ、「男子生徒が自分の意思でお金を渡した」などと答えたため、いじめと判断しなかった。男子生徒には聞き取らなかったという。

 保護者は同年11月から市教委…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら