[PR]

 テレビ朝日系が15日に放送したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選・日本―サウジアラビア戦の視聴率は、関東地区で平均21・8%だった。ビデオリサーチが16日発表した。瞬間最高視聴率は午後9時25分の28・9%。

 関東以外の平均視聴率は関西地区が16・1%、札幌地区が19・8%、名古屋地区が19・6%、北部九州地区が18・3%だった。(友野賀世)