[PR]

 化粧品の開発で「動物実験」をやめる動きが広がっている。欧州を中心に動物実験をした化粧品の販売が禁じられたからだ。動物に頼らない新たな開発方法を検討するアジアや欧州の研究者らの会議が、16日まで日本で初めて開かれ、日本企業も対応を進めている。

 佐賀県唐津市で開かれた会議には、研究者ら約200人が参加。フランスの民間研究機関の代表は、人工の皮膚のモデルを使う検査方法を紹介し、「動物実験をしなくても、精密で正確な検査が可能となった」と説明した。インド政府関係者は「人間だけでなく動物の福祉も重要だ。動物実験は化粧品に限らず減らしていく」と話した。

 海外では、ウサギやマウスなどを使う動物実験を取りやめる動きが広がっている。「美しさのために、動物を犠牲にしてはならない」という消費者の運動を受け、欧州連合(EU)は2013年、動物実験をした全ての化粧品と原料の販売を禁止した。これにインドやイスラエルが続き、台湾でも今年10月に同様の法律ができた。

 日本では、人体に悪影響がない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも