[PR]

 スーパーコンピューターの性能の世界ランキングのうち実用性を評価する指標「HPCG」について、理化学研究所の「京(けい)」(神戸市)が初めて世界1位になったと、理研などが16日発表した。前回6月は2位。演算を同時に実行させる改良を加えたことが高性能化につながったという。

 HPCGのランキングは2014年から発表され、アプリケーションを使う際の処理速度を競う。2位は中国の「天河2号」、3位は東京大と筑波大が共同運用するスパコンだった。理研は、京は産業利用など実用面で高い性能を発揮し、バランスがよいと分析している。

 他のランキングでは、計算速度を競う「トップ500」の最新順位は7位、ビッグデータの解析性能を競う「グラフ500」は4期連続で1位となっている。