[PR]

 視覚障害者らによるホームからの転落事故が相次いでいることを受け、JR西日本は16日、事故防止のためのホームドアを京都、三ノ宮、西明石の3駅に新設すると発表した。設置時期などは今後決める。

 JR西はこれまでに、北新地や六甲道など11駅でホームドアを整備。しかし、国土交通省が設置を求める1日の乗降客10万人以上の駅(計14駅)では、京橋と高槻の一部にしか整備されていない。大阪駅も来春に設置される予定だ。

 新設が決まった京都、三ノ宮両駅はいずれも10万人以上が利用し、扉の位置や編成が様々な列車が乗り入れる。このため高槻駅などと同様、転落防止用のロープが上下するタイプのホームドアを整備する。乗り換え客が多い西明石駅にも設置する。JR西の来島達夫社長は会見で「ホームドアは事故防止に極めて有効だ」と述べた。

 また、国交省が1日の乗降客1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら