【動画】MacbookPro「Touch Bar」に触ってみた=安冨良弘撮影
[PR]

 今回は、アップルが近日中に出荷を予定する「MacBook Pro」(以下MBP)の最新モデルのレビューをお届けします。

 新しいMBPは、従来のパソコンには必ず付いてきたファンクション(Fn)キーとエスケープ(ESC)キーがなくなり、その部分がタッチセンサー搭載のディスプレーを使った「Touch Bar」(タッチバー)になっています。MBPは4年間大きなモデルチェンジをしておらず、タッチバーの搭載は、Macとしては近年にない大きな変化です。アップルはなぜ、画面全体をタッチにせず、タッチバーという新しい仕組みを導入したのでしょうか?

 実機を使い、確かめてみました。なお、今回はタッチバー操作についての動画も用意しています。そちらも同時にご覧いただくと、よりわかりやすくなるでしょう。(ライター・西田宗千佳)

より薄く小さく、そしてパワフルに

 タッチバーの話をする前に、ノートパソコンとしてのMBPの評価をまとめておきたいと思います。

 今回、新しいMBPは二つのディスプレーサイズのものが用意されました。よりパワフルな15インチモデルと、コンパクトさを重視した13インチモデルです(写真1)。13インチモデルには、タッチバーの代わりに、従来通りファンクションキーが搭載されたモデルもあり、10月末から先行して販売されています。

 いずれも最大の特徴は薄くて軽いことでしょう。薄いノートパソコンというと、アップルの「MacBook Air」が思い浮かびますが、実は新MBPの13インチモデルは、MacBook Airよりも薄く、設置面積も小さくなっています(写真2)。重さは、MacBook Airが1.35キロであるのに対し、MBPの13インチが1.37キロ。処理能力はパワフルになり、ディスプレー解像度が大幅に上がったのに、重量はほとんど変わっていないのです。15インチは、従来2.04キロだったのが1.83キロに減っています(写真3)。標準でメモリーを16GB搭載し、GPUも強化され、4K動画を大量に扱うこともできる性能を思えば、かなりコンパクトな製品と言えます。一方、性能面でいえば、15インチモデルは、最先端のゲーミングPCに比べると劣っており、もう一段がんばって欲しかったとも思います。ただ、そうした製品は3キロ近い重量があり、バッテリー駆動だとごく短い時間しか動きません。アップルとしては、GPU性能よりもサイズとバッテリー動作時間まで含めたバランスを選んだのでしょう。

 MBPは「プロ」の名がつくとおり、グラフィックスを含めたプロの使用にも耐えうるノートパソコンです。その分、長く使える製品でもあります。今回のMBPも性能・ボディーの作りは良好で、長く使えるものになりそうです。

端子を大胆に「リストラ」、充電も拡張も同じ端子で

 今回大きな変更として、電源やインターフェース関連が「Thunderbolt(サンダーボルト) 3」に統一されたことが挙げられます。アップルの独自規格ではありません。データ転送やディスプレー、電源供給、ネットワークなどを全て一つの規格でまかなうもので、USBやディスプレーポートなどの役割も果たします。コネクター形状は「USB Type-C(アップルがつけた呼び名はUSB-C)」と共通で、USB端子としても使えます。電源も、USB Type-C端子を使う「USB PD(パワーデリバリー)」によって供給されるようになりました(写真4)。

 何か難しい感じがしますが、要はこの端子は、電源やUSB、などの代わりに使えて、変換コネクターなどを介すれば従来の機器もそのまま使えるのです。従来のUSB機器をつなぐために変換コネクターが必要という点はマイナスですし、加えてSDカードスロットもなくなったため、こちらも変換コネクターなどが要ります。

 しかし、端子の種類がシンプルになった点はプラスと言えます。本体の薄型化にも寄与しています。今後、サンダーボルト3やUSB Type-Cに対応した機器がそろってくれば、便利になっていくでしょう。特にUSB Type-Cについてはスマートフォンでの導入が進み始めています。

 何より大きいのは、電源の変化です。パソコンの電源コネクターは一つと相場が決まっていて、どこにACアダプターを挿すかも決まっているわけですが、MBPは違います。左右に計四つあるサンダーボルト3のコネクターのどこに挿しても充電が始まります。電源を右から取りづらいのに、パソコンの電源コネクターは右側にある……ということはよくあります。そんな時でも、MBPは左からつなげばOK。ちょっとしたことですが、これはかなり便利と感じました。

 MBPはUSB Type-Cとともに導入される「USB PD」という規格に対応しているため、USB PD対応の充電器であれば、MBPの充電が可能になります。スマホでは、本体付属の専用充電器以外で充電することも当たり前になりましたが、USB PDが普及すると、ノートパソコンもそうなるでしょう。実際、筆者が日常的に使っているUSB PD対応のACアダプターでも使えました。ACアダプターを忘れたり、紛失したりして慌てることもありますが、USB PDに対応したMBPなら、対応のものを手に入れればなんとかなるわけです。

 ただし、「充電にかかる時間」は充電器によって相当違います。どれだけの電圧・電流で供給できるかが異なるためです。スマホ用の出力が小さな充電器では、給電はできても、使用しながらの充電はできないことがあります。現在は、USB PD対応機器の種類が少なく、各機器が供給する電力や、MBPとの互換性などの情報も少ない状況です。しかし、USB PDを採用したパソコンが増えることで、状況は変わってくると思われます。ちなみに、13インチMBPは61ワット、15インチMBPには87ワットの電源が付属します。この容量を目安に、別売りの充電器を選んでみてください。

目玉機能「タッチバー」の機能とは

 さて、いよいよ本題に入りましょう。

 MBPの特徴はタッチバーの搭載にあります(写真5)。

 画面とキーボードの間の、無理をしなくても指が届く範囲に、タッチの良さを持ち込んだのがタッチバーの正体と言えます。タッチバーはいくつもの効果を狙って開発されたものですが、まずわかりやすいのは、ファンクションキーの代替です。元々ここにはファンクションキーとESCキーがあったわけですが、人によって使う頻度はまちまちでした。画面輝度や音量の設定、文字入力など色々な用途を持つキーでしたが、物理的なキーであるがゆえに、そのキーがどんな役割を持つものかが分かりづらかった側面があります。実際のところ、輝度変更や音量変更くらいにしか使っていなかったという人もいるでしょう。タッチバーも、もちろんそれらの機能を持っています(画像6)。音量や輝度はスライドで調整できて、これはこれで便利です。

 日本語入力時に、ひらがなやアルファベットへの一括変換にファンクションキーを使っていた、という人もいるでしょう。例えばカタカナ変換はF7、英数変換はF9といった具合です。これがタッチバーでは、ファンクションキーのF7からF9キーに当たる部分に、入力中の文字をかなやアルファベットで表記した文字列が表示されます。視覚的には今までより分かりやすくなったと言えます。

 とはいえ、物理的なボタンがタッチになっただけでは、使い勝手としてプラスとは言えません。タッチセンサーは自由度が高いものの、物理的なボタンほど押した感覚がありません。ソフトウェアキーボードと物理キーボードでは、物理キーの方が入力しやすいのと同じ理由です。

 タッチバーの価値は、押すこと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース