[PR]

 長崎県佐世保市のハウステンボスにある「変なホテル」が、「初めてロボットがスタッフとして働いたホテル」として、ギネス世界記録に認定された。

 「従業員」はロボット186台に対し人間9人。フロントで、恐竜と女性のロボが「いらっしゃいませ」、部屋では接客ロボが「ようこそ」と歓迎する。

 17日に都内で認定証を受けた沢田秀雄社長は、AI導入や海外展開にも意欲的で「世界一生産性が高いホテル。技術の進化に合わせ、さらに変化します」。