[PR]

 箱根ロープウェイは、運転設備の制御システムを増設するため、早雲山―大涌谷駅間で来年1月10日~4月14日に運休すると発表した。この間、代行バスを運行する。大涌谷の噴気の影響で電気系統に不具合が生じることがあるため、新システムを現システムに併設し、通常運行の継続に役立てるという。

 また、ロープウェイの索道の保守点検作業に伴う全線(早雲山―桃源台駅)の運休は、10月まで月2回だったが、今月から毎月第2木曜日だけになった。作業の手順や係員の配置を効率化した結果という。

関連ニュース