[PR]

 韓国で17日、日本の大学入試センター試験に相当する「大学修学能力試験」が行われ、約60万6千人が受験した。学歴が重視される韓国だけに会場の入り口には家族や後輩らが応援に駆けつけ、遅刻しそうな受験生をパトカーで送り届ける場面もあった。

 大学への入学をめぐっては、朴槿恵(パククネ)大統領の支援者、チェ・スンシル容疑者の娘が名門の梨花女子大に不正入学した疑惑が取りざたされ、学生らの間でも怒りが広がっている。19日には各地で朴氏の辞任や真相究明を求める集会も予定されており、試験が終わった生徒たちも駆けつけるとみられている。

 ソウル市の高校3年、崔允瑞(チェユンソ)さん(17)も17日、試験を終えた。19日の集会について「集会の雰囲気を見てみたい。大統領は辞めるべきだと大勢の人が言っているので、その話を聞いてみたい」と話す。不正入学の疑惑があるチェ容疑者の娘について「腹が立つ。同じ条件で大学入試という正当な過程を経なければならないのに、金と権力を利用したというのはとんでもない」と語った。(ソウル=東岡徹

こんなニュースも