[PR]

 福岡県直方市や小竹町などの遠賀川河川敷に巨大なマシュマロが出現した――。実際は刈り取った草を、ロールべーラーと呼ばれる機械で円柱状に成型し、白いフィルムでラッピングしたもので、直径は1メートルほど。牛のえさになる。

 県飯塚農林事務所(飯塚市)によると、国から河川敷の使用許可を受けた県が川沿いの自治体と管理に関する委託契約を結び、各自治体が畜産農家に利用してもらっているという。

 今の時期は夏に伸びた河川敷の野草を刈り取っている。秋には牧草のイタリアンライグラスの種をまいて翌年5月ごろに収穫しており、「マシュマロ」はその頃にも出現する。(垣花昌弘)