[PR]

 和歌山市内で路上に落ちていたソーセージを食べた犬が死に、ソーセージの残りから農薬の成分が検出されたと市が18日発表した。和歌山県警は何者かが放置したとみて動物愛護法違反の疑いで調べている。

 市によると、11日午後4時ごろ、和歌山市小雑賀の住宅街で70代女性の飼い犬(雑種、メス)が路上のソーセージ1本を口にしてうずくまった。女性は犬を散歩させており、動物病院に運んだがすでに死んでいた。市衛生研究所がソーセージを調べたところ、農薬成分のメソミルが検出された。

 メソミルは青色の粉末で弱い硫黄臭があり、畑の害虫駆除に使われる劇物。仮に体重1キロの動物が17~50ミリグラム食べると約半数が死ぬという。ホームセンターなどで購入するには毒劇物取締法上、氏名などの記載が必要という。市は「食品が不審な場所に置かれている場合は警察などに相談を」と呼びかけている。