[PR]

 安倍1強を支えるのは12、14年の衆院選を勝ち抜いた自民党の「当選2回生」だ。党所属衆院議員の3分の1を占める102人は資金を何に頼っているのか。公募組、世襲組、議員出身組。経歴の違いが集金の額や方法の違いにあらわれていた。

公募組、自己資金が頼り

 「解散風が吹かなければ地元活動をしない国会議員にはなりたくありません」。12日、小倉将信氏(35)=東京23区=は東京・町田駅近くの街頭でマイクを握り、社会保障制度改革などの必要性を説いた。

 元日銀マン。党の候補者公募に応じた「公募組」の当選2回生65人の一人だ。

 「個人の資金力」を示すとされる資金管理団体の収入は2319万円。所属派閥からの寄付のほか、個人から762万円を集めた。自身が代表を務める政党支部と合わせると、4419万円になる。これまで知人や家族といったつながりに頼ってきたという。政治資金パーティーも開いた。

 地元スタッフをさらに増やし、選挙区内にもう一つ事務所を構えたい。地盤を強化し、選挙を勝ち抜く態勢をつくるには資金が必要だ。「どんなに先でも、次の衆院選まであと2年。いろいろやっていかなくてはと思っています」

 一方、今野智博氏(41)=比…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら