20日午前7時40分ごろ、秋篠宮妃紀子さまや長男悠仁(ひさひと)さま、宮内庁職員ら計6人が乗ったワゴン車が、相模原市緑区の中央自動車道下り線で追突事故を起こした。けが人はなかった。

 警視庁高速隊によると、ワゴン車を運転していたのは宮内庁の30代の男性職員。渋滞の最後尾で止まっていた50代男性の乗用車に追突し、ワゴン車のバンパーに亀裂が入った。関係者によると、紀子さまや悠仁さまは私的な外出で、友人らと登山のため山梨県に向かっていたという。

 現場は片側2車線で、ほぼ直線だった。

 天皇、皇后両陛下や皇太子家が公務で車で移動する場合、前方を白バイなどが先導し、後方に警備車両がつく。だがそれ以外の皇族の場合、公務でも私的でも原則、筆頭宮家の秋篠宮家を含め、警察の車両が後方に1台つくという。信号も両陛下、皇太子家の場合はすべて青信号になるが、秋篠宮家は一般車と同様に赤信号で停車する。

 ただ、悠仁さま(10)は皇位…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら