[PR]

 秋田市の大森山動物園で飼育されていて死んだコクチョウ2羽から鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出ていた問題で、県と動物園は21日、北海道大での確定検査の結果、2羽の検体のウイルスは毒性が強い「高病原性鳥インフルエンザウイルス」(H5N6亜型)と確認されたと発表した。

 同じ型のウイルスは、鹿児島県出水市のナベヅルのねぐらの水と、鳥取市の水鳥のふんからも検出されているため、環境省は警戒のための対応レベルを「2」から最高の「3」に引き上げ、秋田を含めた3県に順次、野鳥緊急調査チームを派遣することを決めた。同省は、ウイルスが検出された場所から半径10キロの範囲を野鳥監視重点区域に指定し、調査チームが野鳥の監視や鳥類の排せつ物の調査をする。

 県や県警の関係各部はこの日、危機管理連絡部を設置した。県は環境省の調査チームと合同で監視に取り組み、農家や業者に対しては野鳥対策や消毒を徹底するように通知した。さらに今月末までを目標に、県内の養鶏農家を訪れて、衛生管理基準を満たしているかなどを確認する。動物園も、飛来してくる野鳥の監視と園内の消毒を強化することにした。

 高病原性ウイルスの感染経路は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら