[PR]

 寒気を伴った気圧の谷が近づく影響で、関東地方は23日夜から24日朝にかけて雪が降る可能性が出ている。気象庁によると、東京都心の24日の予報は「曇り時々雨か雪」。11月に降雪が観測されれば、1962年以来54年ぶりとなる。

 気象庁によると、23日夜から群馬や栃木などで雨か雪が予想され、24日は東京や千葉などでも降雪の可能性がある。上空1500メートル付近で気温0度以下の寒気が南下することが要因という。気象庁の担当者は「降るとしても、気温が低い24日明け方までだろう」と話している。