[PR]

 福島県沖を震源とする地震では、交通機関にも影響が出た。東海道、東北、上越、北陸の各新幹線は一時運転を見合わせたが午前6時半までにいずれも再開した。

 海岸近くにある仙台空港では利用者約500人と従業員がターミナルビルの2階以上に避難し、午前9時半までに発着する24便の欠航が決まった。

 太平洋フェリー(名古屋市)によると、苫小牧港(北海道)から名古屋港へ向かうフェリー「きそ」が22日午前10時に宮城県の仙台港に寄港予定だったが、宮城県に津波警報が発令されたため、入港できず沖合で待機となった。

 福島市内では地震の影響で一時約500戸で停電が発生した。