[PR]

 トランプ次期米大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を改めて表明したことについて、石原伸晃TPP担当相は22日の閣議後会見で「立ち止まることはできない」と述べ、協定の承認案と関連法案の今国会成立を引き続き目指す考えを強調した。

 石原氏は「ブロック経済に対峙(たいじ)していくことは、どんな状況になろうとも日本国の運営上必要だ」と指摘。その上で、「我が国が主導することによって機運を高めていくという姿勢をいま止めてしまうと、間違いなく(TPPは)漂流してしまう」と訴えた。

 また、菅義偉官房長官は22日午前の会見で、トランプ氏のTPP離脱表明について「まだ(オバマ)現政権が続いているわけですから、しっかり見守っていきたい」とだけ述べた。

 岸田文雄外相は「新政権の具体的な政策について、予断をもってコメントするのは控えたい。引き続き動向を注視し、新政権の関係者とも意思疎通を図っていきたい」と語った。