拡大する写真・図版 2016年度の設備投資額は?

[PR]

 主要企業100社を対象に朝日新聞が実施した景気アンケートで、2016年度の設備投資額(一部企業は海外の投資を含む)を聞いたところ、15年度実績と比べ「増える」は38社、「やや増える」は18社あり、過半数が投資を増やしていく考えを明らかにした。企業業績に減速感が出ているが、設備投資意欲は堅調だ。

 投資を増やす目的を二つまで聞くと、最も多かったのは「能力増強」(38社)で、「老朽化した設備の更新」(29社)が続いた。

 15~17年度の3年間で計約65億円の設備投資を計画している東京製鉄の西本利一社長は「今年度がピーク。将来の競争力強化のため、効率化を進めている」と話す。阪急阪神百貨店を傘下に持つ、エイチ・ツー・オーリテイリングは新規出店などで投資額を昨年度より1・5倍に増やす。鈴木篤社長は「当初は10年かけてやるつもりだったが、マイナス金利政策で金利が安いので、3年間でやっていきたい」と意気込む。

 一方、17年春闘での賃上げは慎重な企業が多い。安倍晋三首相は今月中旬、経団連会長らに「少なくとも今年並みの賃上げを」と将来の物価上昇も勘案して、賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)を実施するよう要請した。

 今後の労使交渉を経て対応を決めるため現時点では「未定」とする企業が多いが、「定期昇給を維持することを検討」は19社。「ベアを検討する」と答えたのは5社にとどまった。ワコールホールディングスの若林正哉副社長は「賃金の上昇があっても、消費につながっている実感が持てていない。企業として賞与は上げられるが、ベアは先の確信が持てないと出来ず、ハードルが高い」と話す。富士重工業の高橋充専務も「今は物価が上がってベアをするというステージではなく、企業業績を中心に考えていく」と話す。

 業績悪化を直接的な理由にする声も少なくなかった。旭化成の小堀秀毅社長は「3期連続で賃上げしたが、今回は業績が下降していることや物価水準の動向からベア、賞与増とも困難」。日本ガイシの大島卓社長も「電子部品関連が中国経済と連動して冷えこみ、円高も響いている。前回と同じようにはいかない」と指摘する。

■為替レート安定…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら