日本を代表するインテリアデザイナーの一人、内田繁(うちだ・しげる)さんが21日、膵臓(すいぞう)がんで死去した。73歳だった。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。問い合わせは内田デザイン研究所(03・3479・6568)。

 横浜市出身。桑沢デザイン研究所を卒業後、いすや照明などのデザインで高い評価を受け、作品は海外の美術館に収蔵された。アパレルブランドの店舗や茶室のデザインなども手がけ国内外で活躍した。著書に「戦後日本デザイン史」(みすず書房)など。

 87年に毎日デザイン賞、00年に芸術選奨文部大臣賞を受賞した。11年まで桑沢デザイン研究所所長を務めた。