[PR]

 鉄鋼業で知られる中国・吉林省通化市が、市内のマージャン店の営業を禁止したことがわかった。失業者らが賭けマージャンにのめり込むのを防止する措置とみられる。営業を続ける店にはマージャン卓を破壊するなど強硬な対応をとっており、市民からは「やりすぎだ」との声も上がっている。

 同市の複数のマージャン店関係者によると、通化では近年、賭けマージャンがエスカレートし、暴行事件が発生したり、多額の借金を抱えたりする客が相次いだりしていた。市政府は約1カ月前に市内の各店に営業を停止するよう通知。それでも営業を続ける店には警官が立ち入ってマージャン卓を壊し、罰金を取っているという。ある関係者は「客の財布にあった所持金も没収された」と話す。

 人口230万人の通化は国営企業の製鉄所の企業城下町として発展したが、近年は業界不況で多くの労働者が解雇されたり、自宅待機を命じられたりしている。中国政府は国内鉄鋼業界の過剰生産設備の削減に取り組んでいるが、地方政府はリストラで生まれる失業者らへの対応に苦心することになりそうだ。(通化=平賀拓哉)