[PR]

 大学3年生の就職活動が本格化してきました。いまは企業研究や自己分析を進める学生が多い時期ですが、そもそも仕事に就くとはどういうことか。学生に求められる力とは何か。企業のトップに聞きました。

     ◇

 ――起業家ですが、就活の経験は。

 「ありますよ。ソニー、電通、博報堂、サイバーエージェントといった企業を受けました。インターネットビジネスをやりたいという思いがあったので。最終的には、新規事業の立ち上げに関われるというので、いったんは楽天への就職を決めました」

 ――大企業ですね。

 「いえ、当時は社員20人の『どベンチャー』でした。面接を受けた当日に採用が決まりました。商社や銀行に行く大学の友人からは心配されましたね」

 ――ご自身は不安はなかったのですか。

 「なかったですね。インターネットビジネスは、テクノロジーの基盤を持ちながら、自分の作品をつくる芸術のようなところがあります。その感覚がすごい好きでしたから。今は天職だとさえ思っています。でも、当時はそこまでの確信はありませんでした」

 ――当時はどんなことを考えて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも