[PR]

 米次期大統領のトランプ氏が22日、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の本社を訪れ、同紙幹部らの取材に答えた。トランプ氏はこれまでNYTについて「報道が不正確だ」「落ち目」などと批判してきたが、同紙によるとこの日は丁寧に応対し、関係改善を希望したという。

 NYTによると、インタビューは約1時間続いた。トランプ氏は、選挙で争った民主党のクリントン氏の訴追を追及しない方針を示したほか、懐疑的だった気候変動について「オープンな頭で考えている」と語り、パリ協定からの離脱を明言しないなど、選挙期間中の言動はなりをひそめた。一方、会社経営者と大統領の立場が利益相反するのではないかという質問には「法律は私の側にある。大統領に利益相反は起きない」と答えるなど、強気の態度を取ったという。

 また、トランプ氏は冒頭でNYTについて「大変尊敬しているが、非常に荒い扱いを受けてきたと思う」などと、これまでの報道を批判。そのうえで「これから関係を変えたい。私の仕事をずっと楽にすると思う」と述べ、インタビューの最後には「NYTは世界の宝だ」とも語ったという。NYTは「インタビューを通じて、トランプ氏は聞いている相手を喜ばせようとし、一般論で話す傾向が示された」と評価した。

 トランプ氏は22日朝、インタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも