[PR]

 北海道奈井江町の町国保病院で12日、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)がオープンする。病院と同じ敷地内の設置例は道内にもあるが、同町の説明では、病院内の開設は全国でも珍しい。サ高住が増え続ける中、「万が一の時にも安心」と人気を集めている。

 町国保病院(4階建て)は2階に医療療養病床(20床)と介護療養病床(30床)、3階に一般病床(46床)の計96床があった。うち介護療養病床を廃止し、2階に一般病床18床、医療療養病床32床の計50床を置き、3階をサ高住「あんしん」に改修した。改修費は総額約1億2100万円。

 広さ23平方メートルの単身者向け7室と、35平方メートルの夫婦または1人向け9室の計16室がある。入居できるのは要介護レベル2までの人で、毎日午前7時~午後7時に介護スタッフ1~2人が常駐。夜間に急病になった場合などは、国保病院のスタッフが対応する。

 費用(月額)は入居者の収入に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら