[PR]

 行政の支援を断り、ごみが散乱した自宅で亡くなっているのが見つかった岐阜市の一家3人。支援を受け入れない「セルフネグレクト(自己放任)」に陥っていた可能性があるという。国の推計で全国に約1万1千人いるというセルフネグレクトの高齢者。どう支援の手を差し伸べればいいのか、全国の自治体が頭を悩ませている。

 「セルフネグレクトの傾向はあったと思う。ただ、身体に危険が及んでいるという認識はなかった」

 岐阜市の丸毛健裕・高齢福祉課長は振り返る。

 11月17日、同市茜部(あかなべ)本郷2丁目の民家で、住民の夫(73)と妻(71)、長男(43)が遺体で見つかった。目立った外傷はなく、病死か衰弱死とみられる。

 近隣住民らによると、夫と長男は定職に就いておらず、妻も3月に勤め先を退職。7月以降は家賃や駐車場代を滞納していた。

 自宅周辺にはごみが散乱し、高齢者の生活支援にあたる市地域包括支援センターの職員らが数回訪問した際に、対応した夫は支援を断ったという。自治会にも入っていなかった。

 支援を拒み、地域からも孤立して「ごみ屋敷」に――。東邦大の岸恵美子教授(公衆衛生看護学)によると、妻や友人を亡くして生きる意欲を失った高齢者がセルフネグレクトに陥りやすく、子どもに障害があると知られたくないために支援を拒む家族もいる。

 こうした状態が続くと、命を落…

この記事は有料会員記事です。残り1419文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース