[PR]

 飛驒市、高山市の絵本好きの人たちでつくるNPO法人「思い出の絵本展」によるイベント「思い出の絵本展2016」が、27日まで飛驒市図書館で開かれている。「絵本はすべての世代をつなげる」という考え方で年に1度続けてきたイベントは今年、10回目の節目を迎えた。

 今年のテーマは「絵本と動物」。動物にまつわる絵本約300冊をメンバーが持ち寄り、図書館に並べた。地元3保育園の園児たちが描いた動物の絵も展示。会期中は絵本の読み語りや紙芝居、指遊び、音楽会など様々な催しが続き、その多くで、34人のメンバーが活躍している。

 老舗料理旅館「蕪水亭(ぶすいてい)」の女将(おかみ)、北平修子(のぶこ)さんが旅館で2005年に始めた「絵本展」が始まり。それを引き継いだ地域の実行委員会がNPO法人として活動を続けている。

 元々絵本好きで、NPO法人理…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら