[PR]

 移住先の集落で大麻を所持していたとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部などは、長野、静岡両県に住む27~64歳の男女22人を大麻取締法違反(所持、営利目的所持)の疑いで逮捕し、25日発表した。同部によると、22人は小規模な音楽イベントを開催するなどして、緩やかな「大麻コミュニティー」を形成していたという。

 同部によると、容疑者らは東京や神奈川などの都市部から長野県大町市、同県池田町の限界集落や、静岡県湖西市に移住。少なくとも6組12人は夫婦で、山中に点在する集落内の一軒家などに暮らしていた。

 大町市美麻の自営業後藤聡容疑者(46)と妻順子容疑者(43)の自宅は、十数軒の戸建てが並ぶ集落の一角にある。集落に住む女性によると、2人の間には子どももおり、「子育てを頑張っているいい夫婦という印象だった」という。

 池田町陸郷の会社員小坂茂登容疑者(47)と妻で自営業の愛美容疑者(27)の自宅は、山中の一軒家。近くに民家はほとんどなく、家は木々に覆われるように立っている。米国籍の職業不詳ジャクソン・マイケル・デイビッド容疑者(47)も同じ地区に住んでおり、「小坂夫婦の紹介で移住してきた」と話していた。近所の住民らによると、4年ほど前まで英語講師などをしていたが、最近は近所との交流が少なくなっていたという。

 容疑者らのものとみられるフェ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら