[PR]

 福島第一原発事故で避難してきた人たちを支援する神奈川県内の4団体が集まって横浜市で開いた26日の会合で、市内に自主避難した中学1年の男子生徒(13)がいじめを受けて不登校になった問題について意見を交わした。

 「かながわ東北ふるさと・つなぐ会」の今里雅之会長(69)は福島県富岡町から避難している。今回の問題を「氷山の一角だ」と指摘。「小学生の子どもが『汚いからあっちへ行け』と仲間外れにされた」といった話を会員から聞くことがあるという。「いわきナンバーの車に傷を付けられた」などの被害も報告されているという。

 NPO法人「かながわ避難者と共にあゆむ会」の理事長で、福島県いわき市出身の鈴木実さん(80)は「将来に不安を持つ子どもたちに対して、『親切にするんだよ』という言葉をかけて育てていない親や先生に責任がある」と訴えた。

 生徒の代理人などによると、生徒は小学2年の2011年8月に自主避難した直後から、転校先で名前に「菌」と付けて呼ばれたりするなど、いじめを受け始めた。小学5年の時には「(原発事故の)賠償金をもらってるだろう」などと言われ、ゲームセンターで遊ぶ金など総額約150万円を支払わされた。(大森浩司)