[PR]

(25日、フィギュアNHK杯 男子SP)

 フィニッシュすると舌を出した。右目を閉じて人さし指と親指で「あと少し」というしぐさ。羽生が、超高難度SPの完成に近づく演技を披露した。

 4回転ループジャンプはきれいに舞い上がった。着氷でわずかにバランスを崩し、片足で耐えられずに一歩踏み出してしまったが、回りきった。10月のスケートカナダではSP、フリー共にひざをつく大きな失敗をした。それからわずか1カ月で、「成長できた」というジャンプにしてきた。

 羽生のループよりも難しいルッツとフリップの4回転を跳ぶネーサン・チェン(米)が、先に演技を終えていた。羽生は「(自分はもっと成長できると)自信を持たせてくれる。彼のことを見ると、僕のやっていることはまだ簡単なんだと思えて」。SP2位の17歳のことを、自分に伸びしろがあることを確認する存在にしてしまう。

 一方で、羽生は、チェンが「と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら