[PR]

 26日午前1時40分ごろ、福岡市博多区のJR博多駅前で、陥没事故の現場を埋め戻した復旧地点周辺の道路の路面が沈下している、と工事関係者から110番通報があった。福岡県警は午前1時45分から周辺を交通規制していたが、安全が確認されたとして、午前5時30分に解除した。

 県警や市によると、8日に陥没事故が起きた市道「はかた駅前通り」の現場で計12カ所、沈下が発生しないか計測していた。今回、沈下が発生したのは陥没現場とほぼ同じ範囲で、路面が最大7センチ沈下している計測結果が出た。けが人はおらず、ガス漏れや停電、断水などの情報は入っていないという。

 午前1時半ごろ、通行止めの基準となる2・4センチの沈下を計測したため、県警に通報し、交通規制を実施。午前3時ごろまで徐々に沈下が続いたが、その後、沈下は確認されず、地割れなどの危険性がないとして通行を再開した。

 再開後に記者会見した施工業者の大成建設JV(共同企業体)は、沈下の原因について「(埋め戻した部分の下の)土砂が緩んだ部分が重みで圧縮された可能性がある」と説明。これ以上の大幅な沈下については「ないと考えている」と述べた。ただ、大成JVと市ともに再度の通行止めは「想定していなかった」という。引き続き、24時間態勢で沈下の計測を続ける。

 8日の事故では、市営地下鉄のトンネル工事現場が崩落し、道路が約30メートル四方、深さ約15メートルにわたって陥没。市は、セメントなどを土に混ぜた「流動化処理土」で埋め戻し、15日に通行を再開していた。

 交通規制の間、現場周辺には計約350メートルにわたって規制線が張られた。近くのビルで働く店員や、騒ぎを知って現場を訪れた人たちは、不安そうな表情を浮かべた。男子大学生(21)は「(現場の復旧工事が早く)すぐに通れるようになったのはいいけど、本当に大丈夫だったのか」と心配そうに話した。