[PR]

 (26日、フィギュアNHK杯 男子フリー)

 心のモヤモヤが晴れた。演技冒頭、羽生が4回転ループを決めた。「何とか、耐えられた」。満員の観衆がどっと沸いた。

 前日のSPでは、ループの着氷でステップアウトして悔しさをにじませた。一方で、「ミスは最小限にとどめられた」と手応えも感じていた。

 とはいえ、大技を完全にものにしたとは言い切れない。SPの後、ループについて問われるとこう答えた。「シュッてやって、パっと降ります。そんな感じ」「シュッ(の部分)が足りない」。普段なら、自分の言葉で理路整然と語る21歳が、珍しく感覚的な表現に終始した。

 今季の公式戦の3戦で6度試みて、成功したのはこれで3度目。流れの中で跳び、高い加点をもらえる他のジャンプに比べると、ジャンプの流れがややぎこちない印象だ。

 後半の4回転サルコーで転倒したが、今季初の総合300点超えで圧勝した。だが、シリーズ上位6人で争う2週間後のGPファイナル(仏・マルセイユ)では、世界王者のフェルナンデス(スペイン)、ソチ五輪銀メダルのチャン(カナダ)、伸び盛りの18歳・宇野(中京大)らとのハイレベルな争いが予想される。

 前人未到の4連覇を万全なもの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら