[PR]

SPORTS 日本ヂカラ

 鹿島が1-0で川崎を破ったJリーグチャンピオンシップ(CS)準決勝は、難しい試合でした。年間2位の川崎が、年間3位の鹿島に対して引き分けでも勝ち残れる一発勝負。去年のCS準決勝も、年間3位のガンバ大阪が年間2位の浦和に勝ちました。

 J2の3~6位による昇格プレーオフも同じ方式で、過去4度のうち、3位が昇格したのは昨年の福岡だけでした。選手の立場からすると、結果として引き分けになったというのはよくあることですが、最初から引き分けを導き出すために何が必要かという答えはなかなか出しづらいものです。ただ、これは日本代表がW杯でも求められるもの。1次リーグ3戦目で引き分け以上なら決勝トーナメントに進めるという条件の時などのヒントになることがあるのです。

 鹿島は積極的にボールを持とう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも