[PR]

(27日、フィギュアNHK杯 エキシビション)

 2018年平昌(ピョンチャン)五輪で連覇を目指す羽生は、プレシーズンで上々のスタートを切った。手堅く完成度の高い演技を目指すのが五輪シーズンだとすれば、今季は自分の限界値をできるだけ引き上げるシーズンだ。羽生はこの日、「今、成長できることを成長させて、一つ一つ進めている実感がある」と話した。

 4回転ループを含む四つの4回転ジャンプを跳ぶ挑戦的なフリー。今大会では、目立ったミスを4回転サルコーで転倒したことと、3回転が2回転になったことだけに抑えた。この日のエキシビションの練習では、4回転ループからの連続ジャンプも試した。難度が高い4回転ルッツも成功まであと少し。「今季のオフ、(回って)ステップアウト(着氷した足だけでバランスを保てずに逆の足を踏み出すこと)まではいった」

 オーサーコーチは「来年、新しいジャンプを入れようとしても遅すぎるので、今のうちに場数を踏もうとしている。たいへん賢い」とその意欲を買う。

 羽生は「自分の中で限界はない」と言う。演技最終盤での4回転も練習では見せる。レベルアップを急ぐのは、五輪に向けて土台を大きくするためだ。「今季、自信を持つためにもやっているが、来季に向けてもいいものがあると思っている」(後藤太輔