[PR]

【2014年7月4日朝刊社会面】

 覚醒剤や合成麻薬MDMAを所持した罪などで起訴された歌手・ASKA(本名・宮崎重明)被告(56)=東京都目黒区=が3日夕、保釈された。

 ASKA被告は勾留されていた警視庁東京湾岸署の正面玄関から現れた。硬い表情で正面を見据え、口を真一文字に結んだまま。玄関を出てまっすぐ10歩ほど歩くと、200人を超す報道陣を前に深々と5秒ほど頭を下げた。ASKA被告は「私は二度と同じあやまちをしないと決意しています。その決意をさらに強くしていくために、裁判まで医師の指導を受けます」とする談話を発表した。