[PR]

 全国各地で相次いでいる鳥インフルエンザの発生を受け、県は29日夕、県庁で連絡会議を開いた。各部局の担当者らが集まり、県内で発生した際の情報共有や連絡体制などを確認し合った。

 連絡会議は、新潟県関川村の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザに感染したニワトリが確認されたのを受けて開かれた。他の近隣県などに感染が広がった場合、県庁内に対策本部を設ける。

 県園芸畜産課によると、県内での発生は今のところ確認されていない。同課は養鶏場や飼育施設に対し、衛生管理や感染の疑いがあった場合は通報を徹底するよう呼びかけている。