[PR]

 蒜山ホースパーク(真庭市蒜山中福田)所属で、今夏、リオデジャネイロ五輪馬場馬術競技に出場し、日本勢最高の45位になった原田喜市さん(44)が30日、地元の市立川上小学校で馬術の演技を披露し、児童と保護者らに五輪への道のりを語った。

 川上小学校の校庭では児童と保護者、近くのこども園の子たち約140人が原田さんの演技を見学。馬が踊るような足取りで歩いたり、力強く走ったりするたび「おおー」「かっこいい」と歓声をあげた。

 その後、5、6年生と保護者約80人を対象に「オリンピックへの道―夢は叶(かな)う」と題し、大けがをしながら、五輪の舞台にたどりついたことを話した。原田さんは「あきらめない心と、仲間や家族を大切に。そうすれば夢はいつかかないます」と語りかけ、子らはまじめな顔で「はい」と答えた。(中村通子)