[PR]

 新潟県は30日、上越市の養鶏場で鳥インフルエンザに感染した疑いのあるニワトリが見つかったと発表した。遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザと確認した場合は、この養鶏場の計約23万羽を殺処分する方針だ。

 この養鶏場では29日に40羽、30日に60羽のニワトリが鶏舎で死んでいるのが見つかった。県では、関川村の養鶏場で鳥インフルエンザに感染した採卵用ニワトリが見つかり、約31万羽の殺処分が進められている。