[PR]

 SMBCコンサルティングは30日、毎年恒例となる2016年の「ヒット商品番付」を発表した。東西の横綱は、「リオ五輪」、スマホ向けゲームアプリの「ポケモンGO」。同社は「過去の蓄積が花開き、未来につながる出来事が多い1年だった」としている。

 大関は、ヒットしたアニメ映画「君の名は。」と、「地方のがんばりが目立つ年だった」として、3月に新幹線が開通し、日本ハムファイターズがプロ野球の日本シリーズを制した「北海道」が入った。

 関脇には3年連続で日本の科学者が受賞した「ノーベル賞」、動画再生回数が世界的に伸びた「ピコ太郎」が選ばれた。

2016年のヒット商品番付

横綱 リオ五輪の快進撃、ポケモンGO

大関 「君の名は。」、北海道(新幹線・日ハム・大谷翔平)

関脇 日本人3年連続ノーベル賞受賞、ピコ太郎

小結 広島東洋カープ、インスタグラム

前頭1 IQOS、「シン・ゴジラ」

前頭2 AI加速、EXPOCITY

前頭3 国立西洋美術館、若冲展

前頭4 バスタ新宿、京都鉄道博物館

前頭5 スポーツカー、熟成肉

(SMBCコンサルティングまとめ。東西の順。商品のほかに出来事なども含む)

こんなニュースも