[PR]

 師走入りした1日、北海道函館市の市熱帯植物園で、恒例の「サル山温泉」が始まった。午前9時現在の気温は6・8度。園のサル山で飼育されているニホンザルが露天風呂につかり、入浴を楽しんだ。

 同市の湯の川温泉の源泉に水を加え、約40度にしている。サル山で飼育されているニホンザルは約90匹。寒さが厳しくなるにつれて風呂の中で長時間過ごすサルもいて、観光客らの人気を集めている。サル山温泉は来年5月上旬の大型連休まで続く。(磯崎こず恵)