[PR]

 松江市の立正大学淞南(しょうなん)高校は1日、サッカー部監督の男性教諭(46)が男子部員に体罰をしていたと発表した。教諭は部員と保護者に謝罪し、同校は島根県に報告した。同部は30日に開幕する全国高校サッカー選手権大会の県代表に決まっているが、出場は辞退しないという。

 同校によると、教諭は先月30日の練習中、紅白戦でファウルプレーをした部員を呼び出し、顔を平手で複数回たたき、太ももを蹴ったり体を手で押したりしたという。部員にけがはなかった。

 教諭は同日、学校側に報告し、「指導の延長で手を出してしまった。申し訳ありません」と話したという。学校側は当面、教諭を部の指導から外し、処分は今後検討するとしている。北村直樹校長は取材に対し「体罰はいかなる理由があっても許されない。重く受け止め、対策を強化したい」と話した。

 同部はこれまで、全国高校選手権に14回出場。教諭は1993年から監督を務めている。