[PR]

 新潟県関川村と青森市の農場のニワトリや肉用アヒルから検出された高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、農林水産省は1日、「H5N6型」だったと発表した。国内各地の野鳥や韓国の農場から検出された型と同じ。動物衛生研究所(茨城県つくば市)が調べていた。