[PR]

 病気や障害がある人がともに民家で暮らしながら、やがてみとられる――。「ホームホスピス」と呼ばれる介護の形が各地で生まれている。自宅に似た環境でのケアが特徴だ。「住み慣れた街で、最期まで自分らしく生きたい」。誰もが抱く思いが広がりを呼んでいる。

 11月中旬の昼、愛知県みよし市にあるホームホスピス「みよしの家」では入居者5人がスタッフとともに食卓を囲んでいた。

 「俺、歯が一本もねえぞ。見せてやろうか」。男性がおどけると、「それ、自慢なの?」とすぐに笑いが起こる。

 みよしの家は昨年3月、看護師でケアマネジャーだった久野雅子さん(56)らが、空き家を借りて立ち上げた。住宅街の中にあり、高齢者6人が暮らす。

 清水八重子さん(80)は10…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら