[PR]

 顔を洗うといったところで、上の二人が幼稚園の生徒で、三番目は姉の尻についてさえ行かれない位小さいのだから、正式に顔が洗えて、器用に御化粧が出来るはずがない。一番小さいのがバケツの中から濡(ぬ)れ雑巾(ぞうきん)を引きずり出して頻(しき)りに顔中撫(な)で廻わしている。雑巾で顔を洗うのは定めし心持ちがわるかろうけれども、地震がゆる度(たび)におもちろいわという子だからこの位の事はあっても驚ろくに足らん。ことによると八木独仙君より悟っているかも知れない。さすがに長女は長女だけに、姉を以て自(みずか)ら任じているから、うがい茶碗をからからかんと抛出(ほうりだ)して「坊やちゃん、それは雑巾よ」と雑巾をとりにかかる。坊やちゃんもなかなか自信家だから容易に姉のいう事なんか聞きそうにしない。「いやーよ、ばぶ」といいながら雑巾を引っ張り返した。このばぶなる語は如何(いか)なる意義で、如何なる語源を有しているか、誰も知ってるものがない。ただこの坊やちゃんが癇癪(かんしゃく)を起した時に折々御使用になるばかりだ。雑巾はこの時姉の手と、坊やちゃんの手で左右に引っ張られるから、水を含んだ真中からぽたぽた雫(しずく)が垂れて、容赦なく坊やの足にかかる、足だけなら我慢するが膝のあたりがしたたか濡れる。坊やはこれでも元禄(げんろく)を着ているのである。元禄とは何の事だとだんだん聞いて見ると、中形の模様なら何でも元禄だそうだ。一体だれに教わって来たものか分らない。「坊やちゃん、元禄が濡れるから御よしなさい、ね」と姉が洒落(しゃ)れた事をいう。そのくせこの姉はついこの間まで元禄と双六(すごろく)とを間違えていた物識(ものし)りである。

 元禄で思い出したからついでに喋舌(しゃべ)ってしまうが、この子供の言葉ちがいをやる事は夥(おびただ)しいもので、折々人を馬鹿にしたような間違をいってる。火事で茸(きのこ)が飛んで来たり、御茶の味噌の女学校へ行ったり、恵比寿(えびす)、台所(だいどこ)と並べたり、或る時などは「わたしゃ藁店(わらだな)の子じゃないわ」というから、よくよく聞き糺(ただ)して見ると裏店(うらだな)と藁店を混同していたりする。主人はこんな間違を聞く度に笑っているが、自分が学校へ出て英語を教える時などは、これよりも滑稽(こっけい)な誤謬(ごびゅう)を真面目(まじめ)になって、生徒に聞かせるのだろう。

 坊やは――当人は坊やとはいわ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも