[PR]

 ところへ後ろの襖をすうと開けて、雪江さんが一碗の茶を恭(うやうや)しく坊主に供した。平生なら、そらサヴェジ・チーが出たと冷やかすのだが、主人一人に対してすら痛み入っている上へ、妙齢の女性が学校で覚え立ての小笠原流(おがさわらりゅう)で、乙に気取った手つきをして茶碗を突き付けたのだから、坊主は大に苦悶(くもん)の体(てい)に見える。雪江さんは襖をしめる時に後ろからにやにやと笑った。して見ると女は同年輩でもなかなかえらいものだ。坊主に比すれば遥かに度胸が据(す)わっている。ことに先刻(さっき)の無念にはらはらと流した一滴の紅涙のあとだから、このにやにやが更に目立って見えた。

 雪江さんの引き込んだあとは、双方無言のまま、しばらくの間は辛防していたが、これでは業(ぎょう)をするようなものだと気が付いた主人は漸(ようや)く口を開いた。

 「君は何とかいった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも