[PR]

 厚木基地(神奈川県大和市、綾瀬市)の軍用機の騒音被害解消を住民が求めた訴訟の最高裁判決が8日、言い渡される。全国6基地で計8件の騒音訴訟が争われているが、厚木の一、二審判決では初めて自衛隊機の深夜・早朝の飛行差し止めが認められた。最高裁の判断は全国の訴訟に大きく影響するとみられ、長く騒音に苦しんできた各地の住民らが注目している。

 「40年以上、裁判をしても違法な被害はそのまま。住民は死ぬまで裁判を繰り返さないといけないのか」。横田基地(東京都)訴訟の原告団長で、全国7訴訟の連絡会議事務局長も務める福本道夫さん(67)は言う。近年は米軍再編などで騒音が増す傾向にある。

 基地訴訟は1970年代以降、各地で続いてきた。過去の被害の損害賠償だけ認め、飛行差し止めや将来分の賠償は退ける司法判断が長く定着。賠償金は確定判決分だけで280億円以上になり、現在も争う原告は3万8千人を超える。

 判決はほぼ同じ論理で飛行差し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら