[PR]

野田佳彦・民進党幹事長

 (カジノを含む統合型リゾート〈IR〉の整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」について)これだけ論点がある議員立法を、わずか6時間で審議を打ち切って決めてしまうというのは、強引さが目立ちすぎる。元々(IR推進の)議員連盟のトップだった人が安倍(晋三)さん。そこまでやりたいのなら閣法(政府提出法案)で出すべきだ。粛々と(衆院内閣委員会での採決に続き)本会議で採決しようなんて、とんでもない。

 会期が延長されたので、(民進)党のなかで議論する時間もできた。ここまでは、採決に対して反対してきた。我々(党内)にも賛同する人たちはいたが、こういう採決はおかしいという意味で、賛同者の皆さんも一致結束している。(法案の)中身について(賛否を)どうするかは党内の議論の結果を待ちたい。今週のどこかでは政調でちゃんと議論すると思う。(石川県羽咋市で記者団に)