[PR]

 愛知県豊橋市のアパート室内で2011年、福山生枝さん(当時53)が縛られ、死亡しているのが見つかった事件で、愛知県警は福山さんを殺害して現金などを奪ったとして、福岡県小郡市美鈴が丘3丁目、トラック運転手多久英俊容疑者(52)を強盗殺人の疑いで逮捕し、5日に発表した。殺害については容疑を認めているという。

 県警によると、多久容疑者は11年11月27日午前0時10分ごろから翌28日午後3時半ごろの間、豊橋市大村町のアパートの1階室内で、この部屋に住む福山さんの首を絞めて殺害し、現金やテレビ1台などを奪った疑いがある。多久容疑者と福山さんは09年ごろにSNSを通じて知り合ったという。

 福山さんからメールの返信がないことを不審に思った知人男性が28日午後3時45分ごろ、福山さん宅を訪れて遺体をみつけた。

 福山さんはワンルームの室内のベッド脇に仰向けで倒れており、足元に衣服と下着がまとめて置かれていた。福山さんは両手首を粘着テープで何重にも縛られ、顔面がうっ血していたという。

 捜査関係者によると、福山さんは事件前、知人に「携帯電話サイトでいろんな人と知り合って会っている」と話していたという。現場から福山さんの携帯電話がなくなっており、県警は何者かが福山さんを殺害後、通話やメールの履歴を隠す目的で持ち去った可能性があるとみて、交友関係を調べていた。