[PR]

 5日に開会した豊郷町議会で、町が提案した議案の一部に不要な「○」が記載されていたとして、来年4月開始予定の町水道事業に関連した条例案4議案が撤回された。

 一括上程された8案のうち4案の表題に「○」が付いていたため、議員が理由を尋ねたところ、町は「コピーをした際の工程上で発生し、削るべきだったが残ってしまった」などと答弁。議員は「不備があるなら撤回が筋だ」と反発し、議事が約1時間中断した。

 町は4議案を「不適切な部分があった」として撤回を提案し、いずれも賛成多数で可決された。町は12月中に、修正した案を提案する方針。(大野宏)