[PR]

 3期12年間、県政のかじ取りを担った泉田裕彦氏(54)が知事を退任して1カ月半余り。生まれ育った加茂市の自宅を訪ねると、「珍しいでしょう」と笑いながら「前新潟県知事」という肩書が記された名刺を渡された。まだまだ、県政や防災、原発問題への思いは尽きぬよう。知事室を離れた泉田氏に、これまでのこと、そして気になるこれからのことを聞いた。

 ――正直、肩の荷は下りましたか。

 半分肩の荷が下りたという感じがある。相変わらずインタビューなども受けていて、延長みたいな感覚もあり、完全に解放されたという感覚にはなりきれていない。

 ――12年の県政運営。どのよ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース